セサミンによる更年期障害の改善と肝機能の向上

Pocket

更年期障害の改善

女性が未知との遭遇として恐れているのが、「更年期障害」です。

いつ来るのか、
どんな形で襲ってくるのか、
その襲撃に法則がないのが、戦いにくく、
また恐れを増大する要因となっているのではないでしょうか?

そんな「更年期障害」の撃退にも強い味方となってくれるのが「セサミン」です。

「更年期障害」の主な症状として知られているのが、
イライラや発汗、
のぼせ、
不眠、
冷えやむくみ、
頭痛や倦怠感、
などの症状です。

これらの症状は、
自律神経のバランスを崩すことから起こると言われています。

この症状を和らげる方法として、
女性ホルモンを補う治療が行われます。

しかしながら、このホルモン療法には、
様々な副作用があるため、細心の注意が必要です。

個人的には、ホルモン療法は行うべきではないと考えております。

「セサミン」は「植物性エストロゲン」の一種です。

「植物性エストロゲン」の一種である「セサミン」は、
女性ホルモンに極めて類似した構造をしております。

このため、女性ホルモンと同様の働きをしてくれるので、
ホルモンのバランスを整え、
生殖器やその他の機能が正常に働くように促す作用があります。

したがって、セサミンを積極的に摂取することで、
更年期障害を乗り越えることができます。

なお、植物性エストロゲンの上記作用を「ホルモン様作用」というのですが、
構造は完全同一ではありませんので、働きは弱いものになります。

しかしながら、完全同一でないからこそ副作用がないのです。

 

肝機能の向上

「セサミン」がポリフェノールなどの抗酸化物質よりも際立って、
強く有効な抗酸化作用の効果が発揮できるのは
「セサミン」が肝臓に達してから抗酸化物質に変化するからと言われています。

このことにより、肝臓に集まってきた毒素や有害な物質から発生する活性酵素を
確実に肝臓の中で退治することが出来ると言われています。

肝臓に到達して始めて抗酸化物質として効果を発揮するセサミンは
肝機能の低下の原因となる細胞の酸化も防いでくれます。

肝臓の中で優れた効果を発揮するので、
肝臓の機能回復に大変効果があります。

肝臓機能が回復すれば、
入ってきた栄養素を分解して効率よく活動のエネルギーを生み出すことが出来るわけです。

 

 

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*